男女の姉弟の場合、洋服代がかさむものです。
やはり、男の子は男の子らしくかっこいい洋服を、女の子は女の子らしいかわいらしい洋服がいいのではないかと思います。
しかし幼稚園に入るころになれば、そういった風に男女で洋服を考えて行った方ががいいとは思いますが、ほとんど家の中で過ごすことの多い赤ちゃんの頃というのは、そこまで洋服にこだわる必要もないのかもしれません。
ですので赤ちゃんの頃は、異性の姉弟のおさがりを着させていてもいいと思います。
しかしだからと言っても、姉のピンクのベビー服を弟に着せるとなると、外出時にはかわいそうかもしれません。
ですので姉弟の場合は黄色などのベビー服を選べば、男女どちらがきていても不自然ではありませんのでいいのではないかと思います。
そう考えると、幼稚園に入るくらいまでに購入するベビー服は、男女どちらでも着れるように黄色を中心にし購入していくことによって、また新たに買い足す必要が少なくなります。

どうやって選べばよいのでしょうか?

赤ちゃんの誕生というものは、いつの世も家族にとってうれしいものであります。
そんな赤ちゃんのためのベビー服は、どのように選んだらよいのでしょうか?まず、ベビー服にも、当然のことながらサイズがありますが、多くの場合は生後何ヶ月~何ヶ月用というような表記がされていると思われます。
そこで、例えば、あなたの赤ちゃんが生まれたばかりだからといって、その通りにベビー服を購入していたら、大変なことになります。
というのも、赤ちゃんというのは、意外と成長が早くて、買った服が、少し立つと、もう着られなくなって、また新しい服を買わなければならないということが、往々にしてあるからです。
そこで、少しばかり先を見越して、大きめのサイズを購入しておけば、それだけ、長く着る事ができるので、とても便利です。
大人と違って、ピッタリとした服のサイズを選ばなくてもよいということを頭にいれておけば、お金を賢く節約できることになるので、便利です。