普段は正社員として仕事をしている人でも、子供が誕生すると育休をもらうことができます。
育休というのは、その名の通り、子どもを育てるために、子どもと一緒に過ごす時間をもらうことができる時間です。
ですので子どもの成長を喜びつつ、子どものためにできることをいろいろしてあげたいものです。
例えば、ベビー服の手作りなどです。
最近では安いベビー服もたくさんありますので、自分で作るよりも購入した方が安いという場合もあると思います。
しかし、子どもの為にも手作りのベビー服というのもいいものではないでしょうか。
その時に新しい布を購入してきて作るのもいいですし、今ある洋服を使ってリメイクしてベビー服を作るのもいいと思います。
例えば、自分が着ていた洋服を子供のスカートにしてみるなどです。
小さな赤ちゃんにとっては、母親の洋服の大きさがあれば十分なサイズのベビー服を作ることができるはずです。
ですので、自分の洋服をリメイクしてベビー服を作るのもいいと思います。

たくさん着せよう

私が妊娠中にベビー服を買いに行ったんですが赤ちゃんが着る洋服があまりにも小さくて衝撃を受けました。
本当にこんなに小さな洋服に赤ちゃんが入るのか心配になり一緒に買い物に行ったお母さんにこのサイズで本当にいいのか何度も聞いたくらいです。
実際に産まれてくるといちばん小さいサイズを買ったのに手足が少し余るくらいでまたまた驚きました。
自分の子が特に小さいわけではなく標準だったのでそれだけ赤ちゃんって小さいんだなと再確認した瞬間でした。
初めての孫ということもあり私のお母さんはたくさんのベビー服を買ってきてくれました。
どれもこれも可愛いデザインのものばかりでベビー服って本当に可愛いなと感心してしまいました。
子ども服にもブランドがあり大人顔負けのデザインや価格の洋服がたくさんあります。
高いとは思いながらも可愛い我が子に着せてみたいと思うとついつい買ってしまうものですよね。
私も小さいのは今だけと思うとついつい購入してしまい今もたくさんのベビー服が残っています。
我が子の為に可愛いベビー服を購入し写真やビデオなど記念に残してみてはいかがでしょうか?